サークル開催日 第1,3,5火曜日
4月 4/4(火) 品川区 荏原第二地域センター 第1,2集会室
4/18(火) 品川区 荏原第二地域センター 第1,2集会室
5月 5/2(火)4/4(火) 品川区 荏原第二地域センター 第1,2集会室
年明けに起こし頂いたトレーナーの青木さんに再び起こし頂く予定です。

第3週、第5週は、勝手ながら留学のためお休みをさせて頂きたいと思います。
m(_ _)m
6月 6/6(火) 品川区 中小企業センター(最寄りは下神明駅or大井町駅
6/20(火) 品川区 荏原第二地域センター
すみません。地方競技会のためお休みになります。

18:50〜20:10 1回分 2000円、2回分(月払い)3000円

復習グループレッスン会のお知らせ
篠田忠ダンスカレッジ(@武蔵小山駅)にて復習・アドバイス・練習を中心としたグループレッスンで開催しています。水曜20〜21時or土曜16時〜17時です。隔週、毎週いずれかでご参加頂けます。
参加ご希望の方はご連絡下さい。※サークルへの参加は必須ではありません。

初心者向けサークルはこちら
・サークル前後に1pointレッスン15分1500円も受付中です。

2017年05月03日

5/2の記録(青木先生からのアドバイス)と次回の開催日時場所について

昨日5/2は、久しぶりにトレーナーの青木先生に登場頂きました。

年明け最初のサークルに初めてきて頂いて以来ですが、素晴らしかったですね。

僕が見落としてしまいがちなポイントを良く指摘してくださり、
動きについて問題のある箇所を、テクニックではなく、身体の機能面から改善して下さるのでとても良いと思います。

ということで、
今回教えて頂いたウォーミングアップと、トレーニングを忘れないように記録しておきます。
最初のウォーミングアップ
・手を降って歩く
  特に後ろに高く振り上げる
  その際に肩甲骨を使ってほしいが、肩が上がったり、胸が出たりといったトリックモーションになりがち。
・一歩出るとき、抱きかかえるように身体を丸める、次の一歩で手を後ろに広げておきあがる。
・デューク更家歩き。(上に手をあげて手のひら交差して歩くと身体が揺れるはず)

途中の股関節動き改善
・脚の外旋、内旋。(腰は固定)
・膝を前から上げて、横に開いて下ろす。次は、横から上げて前に下ろす。

最後に教えて頂いた普段やってほしいトレーニング
・壁に頭、背中、足を付けて真っ直ぐ立ち、膝を水平よりも高く上げる。
  頭が顎を上げなくても壁に付く状態が理想。
  左右や上下に腰がぶれないように。


次回のサークルは、
6/6 火曜日 中小企業センターの音楽室です。
時間は、18:30~20:10。18:00開場 21:30退出なので、その間練習ワンポイントレッスンできます。

5月後半は、イタリア&ブラックプールに留学してまいります。
いっぱい勉強して練習して試合に出てきます。
皆さまにも、フィードバック出来るようしまーす。


posted by ken at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

5/2 トレーナーの青木さんと一緒に体幹から

明日は、久しぶりの登場、私のパーソナルトレーナーをずっとしてくれている

青木 哲雄先生にお越し頂きます。

サークルは以下のような流れを考えています。
ウォームアップ:青木先生のオススメウォーミングアップ
体幹部を使った踊り方のレクチャーと実践:体幹部を次に進むべき方向へ進めながら踊っていく方法を、私大埜からお伝えしてみんなで踊ります(普段の流れ)
そこに青木さんからのアドバイスも入れて頂いて進めようと思います。
クールダウンと、トレーニングについて:青木先生から。

種目は、waltzです。

ステップは、
ナチュラルスピンターン、リバースターンの456、シャッセtoライト、アウトサイドチェンジ、シャッセフロムPP
ナチュラルターン、バックウィスク、ウィーブ、アウトサイドチェンジ
こちらのステップは、以前ご紹介したことのあるこちらのビデオのものです。


青木先生については、
以前ご紹介したこちらの記事を御覧下さい。

場所と時間は、
18:50〜20:10です。
場所は、18:00〜21:30まで利用できます。
ワンポイントレッスンをしていますが、ぜひぜひ練習に使って下さい。
みんなで上達しましょう!



続きを読む
posted by ken at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

4/18 Tango 2本レール

今回のテーマは、2本レールの使い方。

足の出し方は、1本に出すときと、2本に出すとき、更にクロスして出すときがあります。

今までお話してきたことは、
アウトサイドパートナーに出るときは、サイドリーリングからCBMP(一本レールで)にするときものです。
これがアウトサイドに出るときに必須のものです。

今回はインサイドに出るときに、的を絞ってみようと思います。
意外と1本のままになっていたり、クロスしてしまっていたり、
足の向きが自由奔放になっていたりすることに気づいて頂けると思います。

しっかりした足の向きと位置が、スムーズなムーブメントを作り出すことはいうまでもなく、
それがひいては大きな動きとスピード感につながってきます。

今回は、Tangoです。
ステップは、
ウォークリンクから始めて、ツイストターンに続けるパターンと、ロックターンに続くパターンを例に理解をしていただこうと思います。

もう一つの例
オープンリバースターンのready Outsideとready Insideの違い。

いずれも例も、アウトサイドの1本レール(CBMP)と、インサイドにでるときの、2本レールで考えると整理がつきます。
男性も女性もこれをしっかり理解しているととても相手にとって踊りやすいという印象になると思います。

連続した練習ステップ
1,ウォークリンク、ツイストターン、オープン・プロムナード、ベニーズロックターン、シャッセ×2、オーバースウェイ、ターニングファイブステップ

2,フォーラウェイホイスク、ピボット、ランジ、ストップロック、フォーラウェイリバース、オープンリバースターンready Outside、ハーフテレスピン、クローズドフィニッシュ、スローアウェイ、スウェイチェンジ、ターニングファイブステップ、

場所は、
荏原第二地域センター 第1、2集会室
18:00から21:30まであいています。
サークルは18:50〜20:10です。

暖かい日なので、皆さんお越しをお待ちしています。

続きを読む
posted by ken at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

4/4 Waltz お腹の使い方

今回はお腹の使い方。
お腹、正確には腰椎のことです。
ここから動き始めることで、様々なトラブルが解消すると思います。

手を使ってしまうとから、
ガチャガチャするとか、
動きが小さいとか
ここら辺改善されて、

パワフルに、大きく、綺麗な形で動けるようにして行きましょう!

今回のステップは、
後程。


場所は、
荏原第二地域センター
第一、二集会室です。
18時前くらいに部屋をあけるので、早めに練習出来ます。
サークルはいつも通り18:50から20:10です。
21:30まで練習できます。

posted by ken at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

3/21 slowfox

本日はスローフォックスで、
前回のbodyもホールドから一致した情報、
これを、別の角度から捉えてみようと思います。

進行方向、パートナー、床がキーワードです。

場所と時間は、
目黒区向原住区センター
時間はいつもと同じ18:50から20:10です。



posted by ken at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

3/7 Tango Bodyとホールド双方から一致した情報を。

今回のテーマは、動きの情報伝達。
コンタクトをBody ホールド、Legとありますが、
それぞれから正しい情報が伝わるようにしたいと思います。

単純にいうと
Body ホールド、legがいずれもしっかりとした状態であることが大事です。
腕を使っているとか、手がきついとか、もっと後退しなきゃ
とか色んなことを気をつけていると、
いずれかのパーツの力をぬいてしまうことってないですか?
力が入ってるって言われたから、ぬいた。
という当たり前の流れですが、
そこが危ないところで、迷宮への入口で、出口は見つからなくなってしまいます。

3つのパーツがしっかりと機能していれば、二人の動きはちゃんとリンクしてきますが、
どれかが遅れてしまうとか、早すぎる、一つだけが力んでいたりすることが、問題だったりします。
3つが均等に使われるようにするというのか今回の内容です。

ステップは、
ウォークリンク、プロムナードターン、ロックターンR&L クローズドフィニッシュ、オープンリバースターン、
スイベル、プロームナードリンク、コントラチェック、PP

バリエーション
中央斜めにPP、プロムナードサイドロック、フォーラウェイリバース&スリップピボット、ベニーズロックターン、シャッセシャッセ、オーバースウェイ、スウェイチェンジ、セイムフット、ターニングファイブステップ、

今回の場所と時間は、
目黒区向原住区センター
18:50から20:10です。
18:30〜21:30まで会場使えます。
練習やウォームアップ等してください٩( 'ω' )و

posted by ken at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

肩甲骨の参考動画。MirkoもEditaも背中がよく見える服を着て?ます。


肩甲骨浮いていないですね。

ちなみに、
肩甲骨は、筋肉の起始停止を考えた場合、
肋骨が起始になり、停止側の肩甲骨を引き寄せるのが普通の運動になると思うのですが、
こと二人でホールドをする場合、お互いの手が相手と繋がっている以上、
起始停止が逆になる、つまり肩甲骨側に肋骨が引き寄せられるというのが正しい使い方になると思っています。
この考え方は、女性の方がトップを開くため強く出るのではないかと思います。

この場合の筋肉は、前鋸筋を中心に考えています。


posted by ken at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

2/21 Waltz ホールドの使い方

今回は、ホールドの使い方について考えてゆこうと思います。

ホールドを効果的に使えば、
シルエットははっきり強く、男性から女性へのリードもわかりやすく、女性も男性の動きがよく分かるようになります。

前々回練習した肩甲骨の使い方について
こちらの復習を簡単にして、
今回はここを発展させてたいと思います。
発展といっても今回のほうが簡単な感じなので、安心して下さい。

基本的には、
肋骨を肩甲骨に寄せておき、浮かない状態にすることで、
お互いの背中(胴体)を直接感じられるようになります。
肩甲骨が肋骨から浮き上がるように動いてしまうと、二人の間で動きのギャップが生まれてしまいます。
スライド1.GIF

今回の場所と時間は、
目黒区向原住区センター 地下一階プレイルーム 18:50~20:10
18:30~21:30場所を取ってありますので、前後練習、ワンポイントレッスンの時間となっています。
練習されていって下さい。






posted by ken at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

2/7 Slowfox リード&フォローのチャンスは、どこに?

今回のテーマは、
リードをする、受けるチャンスは、どこにあるのか?

答えは、
スイングの始まり、slowfox Quickstepであれば4、ワルツであれば3です。

男性も女性も、
このタイミングをしっかり捉えましょう!
遅れてしまったり、そのあとの1.2のときもリードし続けたり、リードを待ち続けてしまいやすいと思います。

リードのあとは、リリースと拡張です!
リリースは、ホールド、ポイズ、コンタクトが緩むのでなく、振り子が振り出される感じです。

ステップ1
フェザーステップ、リバースターン ファザーフィニッシュ、ダイレクション、

ステップ2
フェザーステップ、バウンスフォーラウェイ、タンブルターン、ヒンジ、ルドルフロンデ、

ステップ3
リバースウェーブ、バックフェザーリバースウェーブ、カービング、オープンインピタス※
※余裕があれば、
オープンインピタスの代わりにアウトサイドスピン、ライトランジ、スイッチとするルーティンもやってみます。


時間と場所は、いつも通り
目黒区向原住区センター プレイルーム 18:50から20:10
※18:30から21:30まで会場が使えます。
それでは、皆さんのお越しをお待ちしています!

posted by ken at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

1/31 Tango ホールドを肩甲骨からとらえる

今回は、ホールドに目を向けて見たいと思います。

ホールドというと腕に目が行きがちですが、
よく見ると肩が上がっちゃってる〜>_<
とか肘が引けてるとか、手が前に出ちゃってるとか、
色々問題をはらんでます。
そこで、今回はそんなホールドを肩甲骨の動かし方から、学んでみたいと思います。


今年始めに来て頂いた青木さんの体幹の使い方の復習と絡めて進めてゆきます!

因みに、今回はタンゴですが、他の種目も殆ど同じなので、応用しましょう。

「ダンスは9割同じなんだから、もっと応用しなさい」
これアレッシアから日本人へのアドバイスでした。

肩甲骨の動きは本当に奥が深いと思いますが、簡単なエクササイズから、始めて行こうと思います。

参考図書
今月号のTarzan
2017年+2/9号より
49E68659-CDAB-4486-9A0C-5CAC311CF6C4.png052A6681-DC58-4B51-87DA-D5AE69486E28.png7420B079-E026-4AE6-84D1-5FD1C47A163E.png4BDD5247-8808-4354-97A3-A6F989CA89D7.png5AB53D63-CB78-4553-BE21-3FB699462CBB.png

今回の場所と時間は、
もとの、目黒区向原住区センター
18:50から20:10です。
18:30〜21:30まで会場使えます。
練習やウォームアップ等してください٩( 'ω' )و

posted by ken at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次回のテーマ予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする